薬剤師になるメリットとデメリット

この不動産に決めた

薬剤師になるメリットとデメリット

薬剤師として仕事をしていきたいと考えている人の動機は様々でしょう。
「人の役に立ちたい」
「親が薬剤師だから」
「安定する仕事がしたい」
などなど。
しかしどんな仕事にもメリットがあればデメリットも存在するものです。
それらのメリットとデメリットの割り合いが自分自身にとって「メリット面が多いもの」であれば是非挑戦してみるべきです。
薬剤師としてのメリットは、やはりなんと言っても高収入と安定。
一度国家資格を取得したらどこでも薬剤師として働くことが可能です。
転職する際もかなり豊富な職場がそろっています。
ではデメリットは何でしょうか?
薬剤師は女性が6割と言われています。
そして長時間同じ空間にいる。。
人間関係のもつれなどで転職する事が多いと言うのも他業種と比べて多いのがデメリットの一つです。