この不動産に決めた

「この家に決めた!」「この不動産にしよう」そう思うポイントは人それぞれ。家を選ぶ時の参考にどうぞ

この不動産に決めた

不動産の選び方と心得

普通の方にとっては不動産の購入は、一生に一度あるかないかという位大きな出費になると思いますので、その選び方は慎重にならざるを得ません。

でも、一度購入したからといって一生持ち続けるかはわかりません。

例えば、転勤となりどうしても売却しなければならない状況になるかもしれないし、年をとって老人ホームに入るために売却しなければならないかもしれません。

そう考えると、財政的に十分余裕がある人を除いて、不動産選びは将来売り易い事が必須要件になると思います。

売り易い家とは、自分のこだわりばかりを追求するのではなく、他の多くの人たちがほしがる家であるということです。

自分では駅から遠くて自然が多い所に住みたいと思っていても、多くの人は近くにスーパーやコンビニがったり出かけるのにアクセスのよい駅近の家に住みたいと思うとおもいます。

暖炉のある家がほしいと思っても、他の多くの人たちはそれより収納がほしいと思うかもしれません。

折角の楽しい不動産選びなのですが、長い目で見る必要があり、自分の嗜好とどのように折り合いをつけていくかということが鍵になるかと思います。